TUA記事

第76回優駿牝馬 オークス

◎レッツゴードンキ

桜花賞は指数1-2位で決まったわけですが
指数どうこうではなくこの馬は強いです。
新馬戦を勝ち、そこからは重賞ばかり経験したわけですが
先行、差し、逃げ、様々な重賞で様々な競馬を見せて
馬券外にならないというのは強さの証拠でしょう。
馬場状態も色々と経験をしていますからね。
前走は恵まれた部分もありますが、それでも先行勢が
崩れている中での突き放しを見せました。
今回はマークが厳しくなることは間違いないですし
距離の不安もありますが、経済コースで先行すれば
最後十分足りる展開になる可能性も。
現状で6倍もつきますのでこの馬を本命にします。

○ミッキークイーン

現状5番人気は意外だったミッキークイーン。
毎度の安定した競馬はもちろん評価材料ですが
調教もオークスの勝ち馬が少なくない内容。
(動画参照)


前走で2000mもこなしましたし、問題なし。
浜中騎手が重賞だと消極的になっているのが
気になるところですが、乗り続けている馬ですし
着狙いの競馬でごまかすことはないでしょう。

▲ディアマイダーリン

後方からだと厳しくなると思いますが
ポンッと出れればこの馬が穴候補。
オークス向きの走りができていると思いますし
ハーツクライ産駒というのも期待の1つ。
問題なのはテン乗りということと
来週「狙える状態」の福永騎手ですから
ここで無理をするかどうか。
何もしない福永というパターンになると厳しいが
馬自体は面白い存在になっていると思います。

△シングウィズジョイ
×ココロノアイ
×ルージュバック

at a gallop.shop

竹内の原点にして拠点「at a gallop」のオンラインSHOP。
電子書籍やその他ダウンロードコンテンツを充実させるため
2018年11月29日にオープンいたしました。
ぜひ一度アクセスしてみてください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!