第56回宝塚記念

ゴールドシップが勝てば三連覇となる
本年の第56回宝塚記念。
人気は当然ゴールドシップが抜けていますね。

◎ディアデラマドレ

ゴールドシップに勝てる馬と考えると
極端な特徴を持っている馬。
ディアデラマドレは決め手となる上がりの脚は
規格外の物を持っていますし愛知杯は圧巻でした。
距離的にはマイルだと短い、1800~2000mなら適正で
2200mになると1F長いというような適性距離が
あまりに偏っているところは難しいですが
阪神に関しては今走と比較できるレベルではないにしても
2000mまで圧倒していますし、阪神の2200mであれば
足りる可能性もあるのではないかと。

5戦目からは藤岡騎手が一貫して騎乗していますし
当日に藤岡騎手の騎乗数が多いということも
馬場状態の把握ができるという点で良いと思います。

ゴールドシップが3角から動き出す競馬をしたら
中々難しいと思いますが、過去の2回の宝塚記念では
ゴールドシップは4-3-4-4 4-4-3-4という競馬ですので
マクりの競馬ではなく宝塚記念仕様の競馬をする可能性も
十分にあると思いました。

それであれば、直線勝負に賭けた時の一撃が見えてきます。

○ゴールドシップ

阪神競馬場での完璧な競馬と
宝塚記念二連覇という実績は当然最上位の評価。
調教も動いており、死角があるとするのであれば
宝塚競馬仕様の競馬(前述)をした場合だけでしょう。

1つだけ気になるのは、今年に関しては
アメリカジョッキークラブカップを使ったこと。
1戦多い中で阪神大賞典と天皇賞を走っていることで
負担もありますし、例年とピークの持って行き方が違う点は
今走に影響するかも?と思いました。
動画でも話をしたように、宝塚記念の近年は
それまでの24週の走行距離でかなり結果に偏りがありますので。

1.9倍という人気ですので2番手にすることで
配当妙味を狙いたいという思いはありますね。

▲ラブリーデイ

能力的にはG1だと足りないとは思いますが
大外枠ですしコース形状的なことを考えると
ゴールドシップに併せて先行して落ち着く頃には
ハナで落ち着くという展開もありえます。
また仕掛けどころからハイペースになっても
粘れる力は持っていますので、◎向きではない流れなら
こちらがゴールドシップの相手になるのではと考えました。
ただ、いくらなんでも使われすぎなので・・・という
懸念はありますね。

△デニムアンドルビー
×ラキシス
×トーホウジャッカル

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!