第10回キーンランドカップ

会員コンテンツで特別な狙い馬が
該当していない久々の重賞ということで
公開予想記事として掲載いたします。

何だか懐かしいですね(笑)

◎オメガヴェンデッタ

上位人気馬の実力は互角の一戦。
僅差の決め手となるのは馬番?
ということで本命をオメガヴェンデッタに。

偶数馬番の方が成績が良い馬ですし
ここ2戦、横山騎手に騎乗して先手を取る競馬に
シフトしているのでなおさら偶数馬番の方がいいでしょう。
ここで後方ポツンをする恐怖もある横山騎手ですが
ふざけた騎乗をするレベルの馬ではありませんし
ライバルの多くは差し馬ですので、前々の競馬で
押し切る競馬を狙ってくるのではないでしょうか。

○ローブティサージュ

前走は休み明けということもあったか
レースについていけずに叩いただけ。
昨年のキーンランドカップの覇者でもありますし
ここで弾みをつけて秋に行くことが目標の馬。
仕上がりには疑問を感じますが実力より
人気が美味しい馬だと思うので対抗扱いに。

▲トーホウアマポーラ

大外枠は厳しいですが前走は重馬場
前々走はG1で馬場も悪いということで
この馬にとって大きなマイナスにはならないです。
前へ行く脚が無くなっているのが厳しいですが
CBC賞を使って間隔を詰めての久々の競馬ですし
変わり身を考えて穴候補としたいです。

△レッドオーヴァル
×エポワス
×スギノエンデバー

レッドオーヴァルとエポワスは
奇数馬番での成績が悪いという弱点が。
偶数馬番なら印は上下しています。

実力の揃った面白いレースになりそうですね。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!