こんにちは。
テイクアップアームズ竹内です。

競馬新聞を読んでいる人に質問です。

競馬新聞のどの部分を重要視していますか?

以前こんな質問をしたところ
このような回答が多かったです。

・予想印
・関係者のコメント
・過去走

予想印を見ている人というのは
基本的に予想を自分でできない人です。

また印の多い馬は人気になるわけですから
自ら多数派になろうと行動しているわけですよね。

多数派になったら勝てないギャンブルなのにです。

関係者のコメントを見ることは悪いことではありませんが
例えば調教が抜群に良くても『泣きのコメント』をする
調教師もいますし、その逆のパターンもあります。

また、調教師は馬主に対してのアピールや言い訳を
コメントにすることも多いためにあてにならないです。

TUAの坂路調教指数が抜群に高いのに泣きのコメントをする
そんなこともあるわけです。

最後に過去走ですが・・・

そんなのJRAのホームページを見ればよくないですか?

http://www.jra.go.jp/JRADB/accessD.html

競馬新聞が500円だとして、2014年の開催全て購入していたら
新聞代だけで凄い金額になってしまいます。

50,000円ぐらいは使うことになりますからね。

JRAで無料で見れるのに・・・ですよ。

各馬の詳しい情報だって見ることができます。

http://www.jra.go.jp/JRADB/accessU.html

出馬表なんて無料で見ればいいと思います。

それを見ながら、新聞には載っていない情報を得て
予想をしていけば一番効率が良いと思いませんか?

競馬新聞と競馬予想

これを、思い込みで『ワンセット』にしてしまっているだけなのです。

お酒とタバコ

映画とポップコーン

ピザとコーラ

別にワンセットにする必要はないのですが
ついついイメージに飲み込まれてしまっているのです。

また、そもそもが『JRAのサイトで出馬表が見れる』ことを
知らない人も少なくないということもまた現実です。

このメールで気がつく人も実際におられることでしょう。

そこでイメージしてみてください。

JRAの出馬表を見て、馬の情報もしっかり見れる環境を無料で手に入れて
競馬新聞を買うという自己投資を、他のファクターを得るという
自己投資に回しているという状況を描いて見てください。

そしてメリットとデメリットを書き出してみてください。

メリット多いと感じたら、3回ほど以下のページを読んでください。

https://t-u-a.net?p=21

そこで何を思うか。

ワクワクした人、何かを描けた人

すでに100人単位の馬券ファンが行動を開始しています。

時間とお金と情熱の使いどころを間違えてもいいほど
人間の人生は長くありませんよ。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

at a gallop.shop

竹内の原点にして拠点「at a gallop」のオンラインSHOP。
電子書籍やその他ダウンロードコンテンツを充実させるため
2018年11月29日にオープンいたしました。
ぜひ一度アクセスしてみてください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!