頭の中では理解していても実践で忘れることもあれば
最初からそこまで考えてない人もいる。

そんな例を1つ書かせていただこうと思います。

「1番人気は勝率33%(ぐらい)」なんてことは
競馬ファンなら誰でも知っていることですが
人気別で見た成績というのは例年でそこまで大きく
変動するということはありません。

また「指数順位=ほぼ人気順」という指数というのは
指数という言葉にしているだけで人気成績と大差ありませんから
大きな動きということもありません。

しかし、例えば血統や調教ならどうなるでしょうか?

「○○競馬場の芝コースではディープインパクト産駒の勝率が高い」

なんて情報があったとして、以下のようなケースを
頭の中で処理できているでしょうか?

1週目:該当馬10頭 内1番人気5頭
2週目:該当馬8頭  内1番人気1頭 10番人気以下7頭

これ、確率上で言えば1週目の方が圧倒的に
勝率が高くなりますよね?

これを把握していない人は「2週目は調子が悪かった」とか
「使えねぇ!!」とか言い出してしまうわけです。

※回収率ではなく勝率の話です。

当然これはarms指数でも同じことです。

arms指数の場合は妙味を込んだ指数ですし
人気を加味するものではありませんので
人気上位が指数上位なら勝率が高いですし(実際は回収率も高いですが)
人気薄が指数上位でも人気薄の平均より勝率が良いです。

ですので、この場合の勝率ということを見れば
例えば指数1位が「今日は沢山勝ったなぁ」という日は
人気上位の該当数が多かったというケースが当たり前に多く
「今日は負けが多かったなぁ」という時はその逆のケースに
なっていることが多いわけです。

こういうことを理解できていない人というのは
表面的な部分の勝率でしか物事を見れません。

ですがしっかりと理解している人であれば
「ものさしを間違えないので正しい考え方ができる」

これを頭の中に叩き込んでおいてください。

不調や好調、嬉しい悲しいということの前に
最低限必要なことだと覚えておきましょう。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!