こんにちは、竹内です。

競馬ではよく前走逃げ馬が多いとペースが速くなって
差し馬が好走するというようなことを聞きます。
確かにそういう傾向もあるのですが、実際のところ
後方にいる馬というのは基本的には不利です。

なぜなら
「本当に脚が切れるかどうかは当然わからない」
「後ろからの競馬は前の馬が邪魔になるので不利を受けやすい」
ということが現実としてあるからです。

では、このようなケースを見てみましょう。

前走1コーナーで1~2番手だった馬が
今走5頭以上いるレースです。

この場合、差し馬は・・・さほど目立つ成績ではありません。
ただ、前走1コーナーで3~5番手だった馬、
要するに先行集団か中団の前ぐらいにいた馬というのは
回収率が102%もあります。

前走15頭以上のレースでということに限定すると114%。

先行馬がそろっていてもある程度前の位置で
競馬ができる目安がある馬の成績が良いということですね。

これに加えて、私の著書ミリオンダラー馬券術での
前走Rレベル高-以上ということを加えると
一気に回収率が上がるということも補足して加えておきます。

-------------------------------------------------------------------
年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------------
2016年 14- 16- 15-137/182 7.7% 16.5% 24.7% 272 100
2015年 27- 16- 19-223/285 9.5% 15.1% 21.8% 127 99
2014年 23- 13- 18-196/250 9.2% 14.4% 21.6% 128 71
-------------------------------------------------------------------

動画でも解説しています。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!