ステイゴールド産駒と指数

ステイゴールド産駒と指数

ゴールドシップやオルフェーヴル
フェノーメノなどの父として名を馳せましたが
若干下降線になっているステイゴールド産駒。
回収率も高くありません。

 

芝血統なので芝を集中して見ていきますが
まずarms指数1位は回収率100%なので
ギリギリ目立っていますが、全体では66%。

 

また癖のある馬の方が狙い目の用で
S指数1~4位が全て勝率10%を超えており
合算した回収率は90%台まで上がります。

 

またこの該当馬の面白いところが
多頭数では弱いというところです。

 

フルゲートのレースを除くと
回収率が120%まで向上することは覚えておきたいです。
また枠が1~2枠の時に好走が多く
回収率20.8%で回収率が240%まで上がります。

 

ステイゴールド産駒と指数の組み合わせでの狙い目は
上記のようなケースになりますね。

 

※データは2014年以降
※S指数とF指数はデビュー戦を除く

youtubeチャンネル

youtubeチャンネルを運営しております。
2019年はあの大荒れ日本ダービー他、G1を4連続的中。
秋はジャパンカップもズバリ宣言通りの的中。
海外競馬も大得意でメルボルンカップも的中と大好評をいただいているチャンネルです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!