ディープインパクト産駒と指数

引退しても王者のディープインパクトですが
勝ち馬が多いのは頭数が多いからということを
しっかりまず認識をしつつ回収率は低いことも
必ず覚えておかないといけません。

 

また、指数上位であっても無駄に人気するので
妙味を打ち消しているということからも
指数的な回収率の高さなどもあまり見られません。

 

その中でもまだ見られた成績なのは重賞です。

 

arms指数1~4位は回収率117%
勝率も15.6%あるので十分なラインです。
ただ1番人気2番人気はやはり妙味がありません。

 

回収率的に満足が行くのは3番人気以下のラインで
こうなると回収率は140%まで向上。
一方で勝率は13%程度まで維持しています。

 

2014年は回収率172%
2015年は回収率122%
2016年は回収率156%

例年回収率が高いという点も注目ポイントですね。

 

わざわざ未勝利戦などで回収率が低いが
なんとなく当たるという理由でディープインパクト産駒を
購入するのであれば、その分を上記の重賞該当馬に
突っ込むほうが有意義な買い方と言えますね。

 

※データは2014年以降
※S指数とF指数はデビュー戦を除く

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!