ネオユニヴァース産駒と指数

シンボリクリスエス産駒同様に
ネオユニヴァース産駒も回収率が低いです。
基本的な回収率が低い種牡馬というのは
まず認識しておくべきですね。

 

芝で75% ダートで回収率71%ですから
控除率を考えてもスレスレかややアウトです。

 

ただこのネオユニヴァース産駒は
arms指数的に傾向が非常に単純に出ています。

 

arms指数1位 芝   回収率132%
arms指数1位 ダート 回収率141%

 

要するに1位の時だけ狙うということが
回収率のことを考えると正解になるわけです。

 

次にS指数ですが芝だと3・4位がプラス収支で
ダートだと1・2位がプラス収支です。
一方でF指数上位の回収率が低いですから
基本的に前に行ける能力がある馬の方が
回収率が上がってきているということになりますね。

 

最後にネオユニヴァース産駒でarms指数1位が
活躍しているクラスは500万から1600万と覚えておきましょう。
ここは全て140%以上の単回収率があります。

 

重賞では馬券率は25%ありますが勝ち馬は出ていません。

 

※データは2014年以降
※S指数とF指数はデビュー戦を除く

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!