マンハッタンカフェ産駒と指数

個人的には好きな種牡馬ではあるのですが
回収率が低めの種牡馬なんですよね。
芝は72% ダートは61%ですから
買うには戦略が必要となってきます。

 

しかし買い方はとても簡単で
まず芝競走はarms指数1~3位が115%あります。
全体が72%で1~3位が抜けているということは
4位以下は低いという計算が成り立ちますね。
(単回収率58%まで低下)

 

ダートもarms指数1~2位が93%ですから
それ以下は非常に低くなってくるということで
マンハッタンカフェ産駒を買うのであれば
arms指数上位というのが1つのキーワードになります。

 

また芝でS指数1~3位の馬は複勝回収率92%
ダートの指数1位は単回収率129%ありますし
芝のF指数1~3位は単回収率101%もあります。

 

マンハッタンカフェ産駒はarms指数上位か
テンや決め手が強い馬を選択することで
回収率を上げながら該当しない馬を知ることで
回収率の底上げをしていけるということになりますね。

 

※データは2014年以降
※S指数とF指数はデビュー戦を除く

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!