第14回ジャパンカップダート

◎ブライトライン

最後のJCDはブライトラインを本命に。
坂路持ち時計が速くJDCの過去の勝ち馬と比較しても
十分に合格点という評価が1つ。

今回はG1での高★(ミリオンダラー馬券術)ですので
この馬の過去のレベルはあてにはなりませんが
それでも高★のみやこSを王道のような競馬でねじ伏せていますし
マリーンSのように速力の高い相手関係でも勝ちきれているので
実力はまだまだ伸びいているところだと思います。

先行争いは厳しくなってしまいますが
先行集団で競馬ができれは十二分に上位が狙える能力は持っています。

阪神成績の悪さが気になるという声もありますが
それは全て芝競走で阪神のダートは今回が初めてです。

福永騎手騎乗になってまだ控えていませんから
今回も先行策で狙ってくれると思います。

◯グランドシチー

買うならここを考えていたので思い切ってグランドシチーを対抗に。
近走も大崩れしていませんし差脚は非常に堅実なものがあります。

全体の速力が高いレースで好走している特徴からも
フェアウェルSやラジオ日本賞のような持ち前の能力を
出しやすいレースになる可能性を見込んでいます。

ブリリアントステークスも今走に近い物がありますし
ここまで人気薄になるのであれば狙ってみたいです。

▲ベルシャザール

ブラジルカップはまだ半信半疑でしたが
前走の武蔵野Sのメンバーで勝てるなら大した物。
ダートで底を見せてない馬ですし、
今年の武蔵野Sは簡単なレースではありませんでしたから
十分にJCDでも争える能力を示したと思います。

まだちぐはぐなレースをすることがあるのに
これだけの成績を出しているわけですから
ダート挑戦から半年で砂の王になる可能性も十分。

△ホッコータルマエ
×ワンダーアキュート
×ナイスミーチュー
×ローマンレジェンド

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

at a gallop.shop

竹内の原点にして拠点「at a gallop」のオンラインSHOP。
電子書籍やその他ダウンロードコンテンツを充実させるため
2018年11月29日にオープンいたしました。
ぜひ一度アクセスしてみてください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!