競馬のレース結果の中で
私が重要視するのはタイムではありません。
それなら何を重要視するのか?と言われると
上位馬の位置取りということになります。

 

例えばこのような見方をしてみましょう。
前走1~3着に4角5番手以内の馬が1頭もいないレース。
要するに差して来た馬が上位を独占した形です。

 

そのレースで4角3番手以内にいたような馬は
やはり次走の回収率が高めになります。
なぜなら差し競馬にやられた先行馬だからです。

 

その中でも10着以下というのは厳しいですが
4~9着ぐらいにいた馬というのは頑張って負けた
先行馬が多くなりますので、回収率が上がる傾向にあります。

 

そんな馬が今走arms指数1~5位であった場合
回収率は高いか低いか?と想像してみてください。

 

はい、もちろん高いですよね。

 

勝率13.1% 回収率は118%と高いです。
また今走3番人気以下に限定をすると
回収率は130%まで上昇しますし勝率も11.6%と
高くキープできていることも特徴です。

 

このような狙い方も効果的ですので
ぜひ終わったレースは過去のレースではなく
終わったレースが次に繋がっていくということを
意識して予想をしてみてはいかがでしょうか?

会員様に全員プレゼント中!まずはチェック!




ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

関連キーワード
馬券学の関連記事
  • 勝利と敗北の中間から挑戦してみる
  • 前走ダートから今走芝の狙い目と消し条件
  • WIN5も特別レースも両対応できるデータ
  • 必ず赤字になる仕入れと販売をすることからの脱却
  • 乗り戻りの成績は低めというデータ
  • 前走差し競馬のレースをチェックする
  • テン乗りと指数を組み合わせる
  • 競馬の指数順位を決めるのは当然数値だという話
無料メール講座をプレゼント中

これまでに、私が相談を受けた読者様の中から
多くの人も抱えているであろう悩み別の解決方法を
様々なファクターを利用して解決したやり取りを元にして
あなたの悩みを解決するためにメール講座を配信しております。
無料講座ですのでお気軽にご覧ください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!