競馬のレース結果の中で
私が重要視するのはタイムではありません。
それなら何を重要視するのか?と言われると
上位馬の位置取りということになります。

 

例えばこのような見方をしてみましょう。
前走1~3着に4角5番手以内の馬が1頭もいないレース。
要するに差して来た馬が上位を独占した形です。

 

そのレースで4角3番手以内にいたような馬は
やはり次走の回収率が高めになります。
なぜなら差し競馬にやられた先行馬だからです。

 

その中でも10着以下というのは厳しいですが
4~9着ぐらいにいた馬というのは頑張って負けた
先行馬が多くなりますので、回収率が上がる傾向にあります。

 

そんな馬が今走arms指数1~5位であった場合
回収率は高いか低いか?と想像してみてください。

 

はい、もちろん高いですよね。

 

勝率13.1% 回収率は118%と高いです。
また今走3番人気以下に限定をすると
回収率は130%まで上昇しますし勝率も11.6%と
高くキープできていることも特徴です。

 

このような狙い方も効果的ですので
ぜひ終わったレースは過去のレースではなく
終わったレースが次に繋がっていくということを
意識して予想をしてみてはいかがでしょうか?

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

at a gallop.shop

竹内の原点にして拠点「at a gallop」のオンラインSHOP。
電子書籍やその他ダウンロードコンテンツを充実させるため
2018年11月29日にオープンいたしました。
ぜひ一度アクセスしてみてください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!