先日はテン乗りに関する記事を書きましたが
今回は「乗り戻り」についてです。
過去に騎乗していた馬に再度騎乗するケースです。
これに関してはまず全体として回収率が低く
実はこれに指数を加えても回収率が高くなりません。

 

もちろん乗り戻りに狙い目の条件などを加味すれば
回収率が上がるのですが、手っ取り早く期待値を上げたい会員様は
乗り戻りを軽視するだけでもいいと思います。

 

そもそも乗り戻りのケースとして多いのが
リーディング上位の騎手が捨てた馬が
前走好走した途端に戻ったりすることですが
馬は騎手のリーディング順位で走るわけではありませんから
その手の乗り戻りは成績が良くなるとは限りません。

 

またその他の場合は主戦らしい主戦がおらず
成績の悪い騎手で乗り回しているだけのことも多いですから
成績が低くなりがちなのではないか?と思います。

 

1番人気の乗り戻りで勝率が高いのは未勝利戦だけで
それ以外のクラスでは信頼度が落ちます。
なのでそういうレースで穴狙いするのもオススメですね。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

at a gallop.shop

竹内の原点にして拠点「at a gallop」のオンラインSHOP。
電子書籍やその他ダウンロードコンテンツを充実させるため
2018年11月29日にオープンいたしました。
ぜひ一度アクセスしてみてください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!