先日はテン乗りに関する記事を書きましたが
今回は「乗り戻り」についてです。
過去に騎乗していた馬に再度騎乗するケースです。
これに関してはまず全体として回収率が低く
実はこれに指数を加えても回収率が高くなりません。

 

もちろん乗り戻りに狙い目の条件などを加味すれば
回収率が上がるのですが、手っ取り早く期待値を上げたい会員様は
乗り戻りを軽視するだけでもいいと思います。

 

そもそも乗り戻りのケースとして多いのが
リーディング上位の騎手が捨てた馬が
前走好走した途端に戻ったりすることですが
馬は騎手のリーディング順位で走るわけではありませんから
その手の乗り戻りは成績が良くなるとは限りません。

 

またその他の場合は主戦らしい主戦がおらず
成績の悪い騎手で乗り回しているだけのことも多いですから
成績が低くなりがちなのではないか?と思います。

 

1番人気の乗り戻りで勝率が高いのは未勝利戦だけで
それ以外のクラスでは信頼度が落ちます。
なのでそういうレースで穴狙いするのもオススメですね。

会員コンテンツ詳細

会員様に全員プレゼント中!まずはチェック!

馬券学の関連記事
  • 勝利と敗北の中間から挑戦してみる
  • 前走ダートから今走芝の狙い目と消し条件
  • WIN5も特別レースも両対応できるデータ
  • 必ず赤字になる仕入れと販売をすることからの脱却
  • 乗り戻りの成績は低めというデータ
  • 前走差し競馬のレースをチェックする
  • テン乗りと指数を組み合わせる
  • 競馬の指数順位を決めるのは当然数値だという話

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!