前走芝から今走ダートで楽勝することは競馬でよく見る光景です。

やはり馬主さんなどから話を聞いても、芝で活躍させたいという思いが強く
ダート血統でも芝を走らせて、にっちもさっちもいかなくなったら
ダートで走らせて勝たせるというようなこともありますからね。

 

さて、その逆でダートから芝で勝利するというのは
年度によってバラバラですが60勝~100勝ぐらいという感じです。

 

単純に全頭集計するとここ3年ほどでは回収率が83%程度ですが
これを買える馬と消せる馬に簡単に分ける方法があります。
ぜひ覚えておきたいですね。

 

arms指数1~7位

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2017年 33- 38- 28-365/464 7.1% 15.3% 21.3% 87 79
2016年 40- 33- 52-535/660 6.1% 11.1% 18.9% 111 83
2015年 45- 41- 44-499/629 7.2% 13.7% 20.7% 98 94
2014年 61- 40- 50-606/757 8.1% 13.3% 19.9% 136 94

arms指数8位以下

年・年月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2017年 20- 17- 24-1277/1338 1.5% 2.8% 4.6% 75 53
2016年 23- 37- 58-1819/1937 1.2% 3.1% 6.1% 66 69
2015年 34- 42- 39-1836/1951 1.7% 3.9% 5.9% 63 70
2014年 36- 31- 48-1925/2040 1.8% 3.3% 5.6% 87 55

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2017. 8.13

会員コンテンツ詳細

会員様に全員プレゼント中!まずはチェック!

  • 9/18 コースと指数相性シート
  • 9/17 コースと指数相性シート
  • 9/16 コースと指数相性シート
  • 秋も重賞はarms指数で快勝していきましょう
  • 9/10 コースと指数相性シート
  • 9/9 コースと指数相性シート
  • 9/3 コースと指数相性シート
  • 9/2 コースと指数相性シート

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!