テイクアップアームズのarms指数1~3位だけでも
回収率は向上するツールとなりますが、
例えばそれに坂路調教指数1~4位で90以上の馬とすると
以下のようにとりあえずサクッと競馬ファンの9割以上よりは
成績が良くなったりします。

 

年・年月 着別度数 勝率 連対 複勝 単回値 複回値
2017年 115- 90- 85- 593/ 883 13.0% 23.2% 32.8% 104 83
2016年 145- 166- 137- 882/1330 10.9% 23.4% 33.7% 93 87
2015年 154- 148- 137- 834/1273 12.1% 23.7% 34.5% 96 94
2014年 133- 138- 119- 739/1129 11.8% 24.0% 34.5% 117 96

 

基本的競馬ファンの多くが自ら負けにを選んでるかの如く
行動しているというのが現状で、それは面白いことに
これだけデータが誰でも扱えたりする時代になっても変わらず、
結局常にどの時代の競馬ファンも「競馬新聞で記者の◎印を参考にしたい」
という行動を取っているんですよね。

 

ただ一方で「勝とう勝とう勝とう・・・」とした時に
多くの場合で【穴を狙う】ことに行き着きますから
短期での安定というものは捨てることになります。

 

結果、いわゆる「継続すること」に関して忍耐力がない人の場合
目的を得る前に退場してしまうということに繋がります。

それであればバランスの良いところで、勝つではなく負けない
大きく負けない、控除率はせめて超えるぐらいのところから
自分自身を育てていってもいいかもしれませんね。

会員コンテンツ詳細

会員様に全員プレゼント中!まずはチェック!

馬券学の関連記事
  • 勝利と敗北の中間から挑戦してみる
  • 前走ダートから今走芝の狙い目と消し条件
  • WIN5も特別レースも両対応できるデータ
  • 必ず赤字になる仕入れと販売をすることからの脱却
  • 乗り戻りの成績は低めというデータ
  • 前走差し競馬のレースをチェックする
  • テン乗りと指数を組み合わせる
  • 競馬の指数順位を決めるのは当然数値だという話

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!