テイクアップアームズのarms指数1~3位だけでも
回収率は向上するツールとなりますが、
例えばそれに坂路調教指数1~4位で90以上の馬とすると
以下のようにとりあえずサクッと競馬ファンの9割以上よりは
成績が良くなったりします。

 

年・年月 着別度数 勝率 連対 複勝 単回値 複回値
2017年 115- 90- 85- 593/ 883 13.0% 23.2% 32.8% 104 83
2016年 145- 166- 137- 882/1330 10.9% 23.4% 33.7% 93 87
2015年 154- 148- 137- 834/1273 12.1% 23.7% 34.5% 96 94
2014年 133- 138- 119- 739/1129 11.8% 24.0% 34.5% 117 96

 

基本的競馬ファンの多くが自ら負けにを選んでるかの如く
行動しているというのが現状で、それは面白いことに
これだけデータが誰でも扱えたりする時代になっても変わらず、
結局常にどの時代の競馬ファンも「競馬新聞で記者の◎印を参考にしたい」
という行動を取っているんですよね。

 

ただ一方で「勝とう勝とう勝とう・・・」とした時に
多くの場合で【穴を狙う】ことに行き着きますから
短期での安定というものは捨てることになります。

 

結果、いわゆる「継続すること」に関して忍耐力がない人の場合
目的を得る前に退場してしまうということに繋がります。

それであればバランスの良いところで、勝つではなく負けない
大きく負けない、控除率はせめて超えるぐらいのところから
自分自身を育てていってもいいかもしれませんね。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!