・京都ダート1200m
arms指数上位の回収率が高いですが
特に未勝利と500万条件だと指数1位の回収率143%と狙い目。
F指数1位はクラス問わず回収率が高くトータルで135%。
S指数1~3位の回収率も高いのですがこれは未勝利と500万に限定すると

トータルで106%なのでこちらも狙い目です。

 

・京都ダート1400m
arms指数上位は比較的安定をしています。
未勝利と500万では1位が98%、それ以上のクラスでは
2位が90% 3位が119%となっており1位は回収率が低い傾向にあります。
F指数は未勝利と500万で1・2の複勝回収率が90%超え
それ以外のクラスでは1~8位の複勝回収率が高く馬券には入れておきたい。

S指数1位で未勝利戦だと回収率が324%と爆発的に高く狙い目。

 

・京都ダート1800m
arms指数1位の未勝利と500万は回収率が126%
それ以上のクラスでは2位と3位がそれぞれ140%を超えています。
S指数2位と3位が未勝利と500万で回収率140%を超えており
F指数1~8位の馬が未勝利と500万で複勝回収率が高く馬券構成の中心にしたいですね。
また1000万から上のクラスだと坂路調教指数1~7位の回収率が高く
頭で買う馬をこの中から決めたいところ。

 

・京都ダート1900m
arms指数1~2位が全クラスで回収率が高く
1位が142% 2位は104%となっています。

 

・京都芝1200m
F指数1~2位を未勝利と500万で狙いたいレースで
回収率が134%と高めです。
コース連動指数が同じ条件で1~6位まで複勝回収率が高いので
馬券には入れておきたいコースです。

 

・京都芝1400m
F指数1~5位までで勝ち馬の半分以上が該当。
また坂路調教指数が回収率279%と高く複勝回収率も100%。

 

・京都芝1400m外
あまり特徴がないですが持ち時計血統指数1位の牡馬は
回収率が124%で複勝回収率102%なので中心に置きたい条件。

 

・京都芝1600m
比較的狙いやすい条件。
arms指数1~5位の単合計で回収率が103%。
馬連ボックスでも4割程度的中する条件。
4番人気以下に限定をすると回収率が121%。

 

・京都芝1600m外
arms指数が弱いコースですが
500万~1600万で坂路調教指数1位の回収率が149%。
二桁人気の勝利もありながら1~2番人気だと勝率が
45%以上あるので勝負しやすいとも言えます。

 

・京都芝1800m
F指数1~3位の未勝利と500万が狙い目で
回収率が121%と高くなっています。
またディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒を除くと
回収率が148%まで上昇するのでオススメです。

 

・京都芝2000m
1000万クラス以上の条件だとarms指数1~4位の
複勝回収率が高く1位から順に83 138 99 112と馬券には
必ず入れておきたい条件です。
また同じ条件でF指数を見ると1位が複勝回収率108%
2位が102% 3位が92% 4位が94%ですから
馬券構成はこの辺りを中心にしたいです。

 

・京都芝2200m
あまり狙い目がありませんが500万から1600万で
S指数2位と3位は回収率が200%を超えており
大半の勝ち馬が7位以内から出ています。

 

・京都芝2400m
S指数1~2位の回収率がそれぞれ152%と182%
該当馬で1番人気は勝率50%もありますし
5番人気でも40%を超えている絶好の狙い目です。

会員様に全員プレゼント中!まずはチェック!




ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

関連キーワード
  • 10/15 コースと指数相性シート
  • 10/14 コースと指数相性シート
  • 新潟競馬の指数別狙い目
  • 10/9 コースと指数相性シート
  • 10/8 コースと指数相性シート
  • 10/7 コースと指数相性シート
  • 東京競馬の指数別狙い目
  • 京都競馬の指数別狙い目

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!