2018/4/28 新潟6R
バイマイサイド【Revenge B】

自信を感じる先行競馬をしていましたし
能力的にはもう未勝利は勝てるのかなと思いましたが
バリエンテが一気のマクリで勢いをつけて伸びてきたことで
その作戦に屈しての2着というところでしょうか。
どうしてもバイマイサイドの小崎騎手は前のナムラドノヴァンしか
意識が行っていなかったと思いますのでこれは仕方ないのかなと。
もう一絞りできそうな馬体にも見えますし、まだまだこれからの馬ですが
流石にもうそろそろ勝ち上がれるのではないでしょうか。

2018/4/28 京都9R
センテリュオ【Revenge B】

1.6倍の支持を背負っていましたが二着。
スタートが今ひとつで3角までに位置取りを上げて行きましたが
そこで脚を使っていることや、コーナーで外を回していること
少々もたついたこともあって良い競馬内容にはなりませんでした。
一方で先行した人気薄のトーホウアルテミスは脚色が衰えずに
止まる気配すらなくそのまま一着となりました。
1頭になるとフワフワしているように見えるなぁと個人的に思うので
内枠から先行集団で周りに馬がいる状態の方が走れそうな印象です。

2018/4/29 東京11R
ミュージアムヒル【Revenge A】

勝ち馬のランドネが能力の100%を出し切っての勝利した中で
ミュージアムヒルは出遅れからのスタートだったことが痛恨。
それでも直線で3着馬との叩き合いを制して強さは見せました。
1800mでも対応できる目処が立ちましたし、この馬自身
まだまだ能力の伸びしろも大きいでしょう。
折り合いがつくので恐らく誰が騎乗しても大丈夫でしょう。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!