2018/6/9 阪神10R
ブラックプラチナム【Revenge A】

少頭数で堅く決まりそうなレースでしたが
人気のテーオーフォルテが大敗、スプマンテも大敗した中で
2番人気のブラックプラチナムも届かずの2着という結果に。
逃げたグローブシアターが逃げ勝ちでの連勝ということになりますが
この馬としては逃げで開花したと思いますので、その開花に合わせて
勝負することになったブラックプラチナムはやや不運だったのかなと思います。
関東馬で阪神参戦でデムーロ、勝利したかったと思いますが
これで2400mにも目処がつきましたし次走は選択肢が多い中で
最も勝てそうなレースを狙って来ることになるのではないでしょうか。
問題はこの馬自身がどうにもそのレースで特別に光った馬に負ける傾向ですね。
この辺りは馬の持つ運なのかもしれませんからどうしようもありませんが(笑)
もちろんそういう非科学的なことを考えなければそろそろ勝てるでしょう。

2018/6/10 東京10R
プロディガルサン【Revenge C】

前残りのレースになりましたが、戸崎騎手が・・・
意図的にメインレースのためにこのレースをサンプルに使ったのかな?
というような競馬内容でしたね。
直線でごちゃつく感じになることがわかる場所で馬場調べしていたような印象です。
ただプロディガルサン自体もデビューから2連勝した後、そこから全敗中。
超善戦マンですし、あまり勝ちたくなさそうな競馬内容はこれまでにもありました。
ただ騎手にしても競馬内容にしても工夫をしている印象もありますので
基本的には勝てればいいが、無理はするなというスタンスなのか?とも思いますね。
そろそろいい加減に人気を落としてくれれば買いなのですが・・・。
この手の馬は競馬新聞が常に人気に押し上げて危険な人気馬を作り出すことに
利用しやすいような印象もあるので逆利用したいところでもありますけどね。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!