会員様
テイクアップアームズです。
お世話になっております。

一応先週の日曜日から下半期となる7月1日でしたが
週別で言えば先週で上半期終了というところですね。

今年は毎週とは言いませんが、月の半分かそれ以上は
多くの会員様から的中報告メールやお礼メールをいただけまして
また初めてご利用の会員様からも「馬券の勝率が激変しました」と
嬉しいお言葉をもらうことが多く、日々モチベーションが上がり
また気合いが入る素晴らしい時間を過ごさせていただいております。

下半期もこの成績の上昇という大きなことは言えませんが
維持できるように配信をしていければと思っております。

◇arms指数
95%(芝87% ダ102%)500万(芝98% ダ131%)
◇arms指数2
105%(芝96% ダ115%)500万(芝96% ダ152%)

またarms指数1位の全体で回収率70%以下だったのが阪神のみ。
500万以上となると、函館・福島・中山・中京・京都・小倉で120%超え
東京が99%で阪神と新潟のみ80%以下ということで競馬場別に見ても
高いレベルで安定していたと言えます。

また、これは考え方の1つですが指数の1位ないし上位の
「成績が悪い条件」というのを調べてみてください。
そうすると、arms指数上位以外で買うことが効果的なレースを
手に入れることも難しくありません。

レースは絞るほうが効率的であると私は考えていますが
レースを絞り回収率が上がり的中率が上がっても、分母が減ると
日別や週別での数字上の安定感はなくなります。
(これが体感的にとデータ的にの両方で理解し消化できる人は少ない)

逆にレース数を増やす、すなわち分母数を増やすと
回収率が下がり的中率も下がることが多いですが、数字の上で
大きな谷が減り安定感を求めることはできます。

年間で回収率130%だが月別だと3ヶ月連続、週別だと8週連続で
負けることがあるものを好む人もいます。

年間で回収率108%だが月別だと8割プラス収支、週別でも多くの場合
3週以上のマイナスはない安定しているがプラスが少ない物を好む人もいます。

この辺りはある程度のロジック、テイクアップアームズの指数などがあれば
自分で自分の理想の落とし所に着地することは誰でもできます。

マインド的にその辺りまで成長させると相当優位性を持った状態で
馬券を買うことができます。

ぜひ、下半期はそういうことも意識して戦ってみてくださいね。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

無料メール講座をプレゼント中

これまでに、私が相談を受けた読者様の中から
多くの人も抱えているであろう悩み別の解決方法を
様々なファクターを利用して解決したやり取りを元にして
あなたの悩みを解決するためにメール講座を配信しております。
無料講座ですのでお気軽にご覧ください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!