テイクアップアームズ会員サイト、TOPページからリンクのあるGTV。
こちら使っている人は大ファンと言ってくださることが多く、逆に全く使ってないという人と両極端な傾向があります。

ただ該当馬数と回収率を考えると馬券の中心としても相手としても活用できる成績です。

年・年月 着別度数 単回値
2018年 661- 595- 515- 2273/ 4044 87
2017年 1021- 912- 829- 4866/ 7628 88
2016年 1430- 1353- 1202- 7387/11372 90
2015年 1455- 1342- 1236- 7578/11611 90
2014年 1458- 1315- 1187- 7691/11651 95

レースに複数頭該当することもあれば0頭の時も1頭の時もありますが、レース単位での勝率が45%以上あります。
当たり前ですが該当馬がいるレースの半分にやや足りないぐらいのレースではGTV該当馬が勝利していることになります。

年・年月 着別度数 単回値
2018年 156- 157- 188-1334/1835 97
2017年 292- 338- 401-3417/4448 93
2016年 419- 556- 594-5349/6918 96
2015年 453- 552- 623-5466/7094 94
2014年 444- 548- 581-5580/7153 103

4番人気以下に限定をすると回収率がグッと伸びます。
これぐらいあればあとは紐次第、もしくはいかにしてこの中で期待値の少ない馬を削るか?ですね。

例えば7歳以上と未勝利戦を省いて、2番人気以下のダート戦だけなどすると面白いです。

年・年月 着別度数 単回値
2018年 139- 131- 133- 637/1040 102
2017年 214- 202- 195-1363/1974 102
2016年 324- 355- 328-2385/3392 102
2015年 363- 347- 357-2505/3572 106
2014年 338- 380- 342-2507/3567 112

とても効果的に馬券攻略ができる武器ですから、ぜひ活用してみてくださいね。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!