競馬の指数とは

競馬を予想するための指数は数多く存在しています。
有名なところではスピード指数というものがありますが
これはその名の通り、タイムをベースとした指数となっており
色々な人が独自の指数を計算するロジックを開発しています。

問題としてはスピード指数はタイムがベースとなるだけに
1着を争うレースである競馬という競技・ギャンブルですから
指数上位が人気どころになることが多く、妙味が薄いことでしょうか。

最も有名で利用者が多い指数は恐らく日刊コンピ指数でしょう。
お年寄りでも競馬場などでコンピを見ている光景を目にするぐらいです。

ただ指数1位の大半が1番人気、2位の大半が2番人気と
「だから的中率が高い」ということが本当のところですが
「当てたい」ことを重要としているライト層であったり
データを扱えない層にとっては最も簡単に楽しめる指数かと思います。

上記のように、競馬における指数とはある意味「目安」として扱える物で
個々の馬券的な趣向に合わせて選択されることがほとんどです。

競馬指数の理論を自作する

当社テイクアップアームズで配信している指数も
もちろん自作の指数ですが、当社の場合は「人気指数」に
意味を感じないという運営者の考え方がありましたので
「妙味」を加えることを前提に制作したことで
高い回収率を出すことができています。

また調教などの指数もありますが、これらは調教時計であったり
追い方や厩舎、また血統などを加味して制作いたしました。

競馬指数の理論を自作する場合には、初心者の方であれば
まず「基準となる条件」を作るのが良いのではないでしょうか。

例えば全体の真ん中となる条件を作ります。
それが回収率なのか勝率なのか複勝率なのかは個々の考え方ですが
まず基準を作ってしまえばそれ以上かそれ以下か?という
目安ができるわけですので、最も簡単に自作できる方法だと思います。

またベースとするものを何にするか?も重要ですね。
騎手とコースなのか、騎手と調教師なのか、血統なのか
タイムなのかオッズなのか、、、競馬には膨大な情報がありますから
何を基準として何を基本をするのかが重要です。

初心者の人は自分が好きなファクターを選ぶのが一番だと思います。

自分が夢中になれる物でないと本気で取り組めませんから
好きなものを選ぶというのが最初の1歩です。

競馬を指数で予想をする

指数というのは1つの目安となるわけですから
予想をするためにはその指数の特徴を掴まないといけません。

例えばスピード指数にしても日刊コンピ指数にしてもですが
人気に寄る指数ですから、人気薄が上位の時には注目すべきですし
1位でも数値が違うわけですから、そこで信頼度を知るべきです。

ただ1位で指数が低めの場合は実際のオッズも3倍台4倍台と
高めの場合が多いですので、なので信頼度が低くなるのは当然のこと。

それでは指数が低めなのにオッズが被っていたら?
危険な人気馬になるのではないか?など考えるべきですね。

また指数を扱って予想をすると、多くの人が1位2位3位の
並びで3連単の馬券を買うことが多いです。

しかし意外とそれでは的中しないものです。
そもそも1・2・3番人気の順に決着することが
レース全体の2%ほどしかないのが中央競馬です。

例えば指数にもコース別やクラス別の相性がありますし
仮にテン3Fを基本とした指数なのであれば
1位の馬と似ている指数の馬を馬券の相手にするとか
単勝期待値が高いのであれば馬単や3連単を検討するなど
見方を多少なりとも考えて予想をしないことには
ただ指数上位=人気上位を「データ競馬をしているつもり」で
買い続けているだけになってしまうわけです。

また、過去の指数なども振り返るのも見方の1つです。

Aという競走馬はいつもこの指数が高い時に好走をしているや
その逆で凡走をしているというような傾向があるかもしれません。

そして、レース全体の傾向を予想をするために指数を使うことも手です。

指数の意味を理解していれば、荒れるレースや堅いレースが判別できますし
その上で荒れるレースなら人気薄の指数上位を狙うというように
戦略を立てることができます。

難しく考えるのではなく、当たり前に考えることが重要です。

熱中症指数が高い日には水分を取りますよね?
洗濯指数が高い日には洗濯物を干しますよね?
花粉指数が低い日には花粉症の人も外出しやすいですよね?

こと競馬になると当たり前のことができなくなる人が多いです。
熱くなり暴走したり、イライラして自分の積み上げてきたものを
捨ててしまったりなどしてしまう人が多いです。

ですが、まずは普通の気持ちで普通に考えることが重要です。

テイクアップアームズの指数はマニア向け?初心者向け?

テイクアップアームズの指数について
「初心者向きか?」「マニア向けか?」という質問をよくいただきます。

これは配信している側からは中々回答しづらいというのが本音です。

そもそもテイクアップアームズには11種の指数がありますが
中心となるarms指数、arms指数2、TUA指数は
妙味を加えた指数ですので的中率よりは回収率を求めます。

競馬初心者の人は「当てたい!」とばかり考える人が多かったですが
最近の若い世代は「儲けるぞ!」という思いで本気でデータ競馬を
初心者のころから始める人も増えています。

ですので一概に言えないというのが本当のところなんですよね。

競馬マニアの人でも知識的には初心者という人もいますし
特にこれからの時代は馬券キャリアなんて関係なくなっていきますので...

競馬で指数を使う本当の理由

私自身、自作の指数を作るきっかけとなったのは
予想を効率的に行いつつ、時間短縮をするためです。

まず、出馬表が確定する前でも予想はします。
特別登録が出た時点で予想はできます。

しかし本格的な予想は前日にするものですから
最大で36レースの予想をして、どのレースが勝負なのか?
どのレースを見送るのか?なんてことをしていたら時間が足りませんよね。

そこで指数という目安を中心にすれば時間を短縮できますし
指数を基本に動けば大幅に馬券スタイルがブレることはありません。

本気で馬券と向き合うためのツールの1つとして
競馬の指数を使うというのが私の考える理由です。

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

at a gallop.shop

竹内の原点にして拠点「at a gallop」のオンラインSHOP。
電子書籍やその他ダウンロードコンテンツを充実させるため
2018年11月29日にオープンいたしました。
ぜひ一度アクセスしてみてください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!