TUA記事

久々に名古屋競馬場へ参戦しました。

意外と書くと失礼ですが、思ったより多くの観客がきており
やり方によっては満員になる日もあるのではないか・・・?
そんなことを考えながら特別観覧席ゾーンにある酒津屋さんで食事。
※寝不足ということもあり目が死んでいます。

 

やはり名古屋競馬場というのは圧倒的な先行有利なので
1400mの競争だと、最初に目の前の直線を走っていった隊列のまま
向こう正面を経由して再度直線に入ってくるという競馬が多いです。

差し切りというのはほぼ見られないですし、1~3番手の馬がそのまま1~3着になるか
中団の馬が1頭突っ込んでくるぐらいという結果が目立ちます。

競馬場の形状的に仕方がないところはありますが
マンネリ化という部分がもし改善できるのであれば
人気向上に繋がるような気もするのですけどね。

突拍子もない話ですが、外ラチの一部だけ芝を作ってしまって
超大外を走る馬は芝を走れるとか・・・

今週の名古屋競馬場(木曜日までの話)の結果を見ると
1番人気13勝 勝率48%
2番人気10勝 勝率30%
3番人気3勝  勝率9%
4番人気4勝  勝率9%
6番人気1勝  勝率1%

このような結果となっているわけです。

僕からすると「馬券」の醍醐味は、人気より実力のある馬を狙う妙味だと思いますし
そのために様々な視点から予想をすること、そして当てること、勝つことの興奮が
馬券そのものだと思っていますので、ここまで堅い結果になってしまうと
興奮する前に冷めてしまう人もいるのではないかと思います。

中央競馬の予想では新聞を見ませんが、地方競馬ではこんな真剣な表情で
競馬新聞を見つめていますが、結局のところ人気決着ばかりなので
「頭に1~2番人気 2~3着に人気薄が1頭絡めばいいな」というだけの
予想になっていってしまうのが少しばかり残念なところです。

 

ただ、名古屋競馬にもやれることは多く残されているでしょうし
生で見る競馬は当然面白いのですが、馬券が持つ魅力が少ないところが
今の名古屋競馬場の現状なのではないかと思います。

活性化のためにできることが自分にないか?
それを見つけるためにもまた近いうちに足を運んでみようと思います。

会員様に全員プレゼント中!まずはチェック!




ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

無料メール講座をプレゼント中

これまでに、私が相談を受けた読者様の中から
多くの人も抱えているであろう悩み別の解決方法を
様々なファクターを利用して解決したやり取りを元にして
あなたの悩みを解決するためにメール講座を配信しております。
無料講座ですのでお気軽にご覧ください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!