こんにちは。竹内です。

テイクアップアームズがスタートして丸4ヶ月
様々なお声を会員様からいただいております。

現状ではテイクアップアームズというサイトは
広告を打ったりしていませんので
会員様の99%は元々から竹内のメルマガやブログ
Facebookや書籍の読者様です。

長い人では7年以上前から私の理論や理念
またデータや考え方を読んでおられますので
テイクアップアームズを利用した時の考え方が
鋭い方が多いと感じています。

テイクアップアームズの看板である
arms指数とTUA指数は『勝ち』を求めている指数であり
それは『回収率』を求めていることと等しいです。

「当たれば負けてもいい」という発想の方が競馬ファンの95%ですが
すなわちそれは負け組の割合であり、依存症になっている人の割合と
等しいのではないかと私は考えております。

例えば、日本で最も利用者の多いN社の指数1位は
このテイクアップアームズがスタートしてからの4ヶ月の成績で
以下のようになっております。

⇒勝率30.1% 回収率77%

簡単に言ってしまえば、控除率以下ですので
適当に買う方が回収率が高い場合もありますし
何より該当馬1184頭中、892頭が1番人気です。

それであれば、指数を見ずに1番人気を買うことと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
差がありませんし、そこに価値を感じないことが普通です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

次に、会員数数万人を誇るJ社のM指数はどうでしょうか?

⇒勝率21.5% 回収率73%

どちらも回収率が80%にも届きません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この期間、もし中央競馬の全レースの単勝馬券を買った場合の成績をご存知ですか?

⇒勝率100%(当たり前ですが)回収率72%

ほとんど回収率に差がありませんよね?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

逆にarms指数は?

1位 勝率10.9% 回収率100%
2位 勝率11.4% 回収率92%

これを見た時に「勝率が低いから!」と言う人は
単勝を全部買って回収率72%を手にすればいいと思います。

ですが、それは今のテイクアップアームズの会員様の意識の高さや
知識の多さ、目的をしっかりもっているというところからも
誰一人言われたことはありません。

また、馬券常識がある人からは絶対的な評価と信頼をいただいております。

そして、こういう考え方をしてみてください。

上記、1位と2位を足すと?

勝率は22%以上、J社のM指数を超えます

回収率は?96%あります。

回収率で23%の差を当社は出せるわけですね。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

では1~3位まで足しましょう。

勝率は33.3%になります。

回収率は?92%あります。

N社の指数1位に勝率で勝ち、回収率で19%の差を当社は出せているわけです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このレベルの差は大きいですよ。

「いや、自分は単勝じゃなくて馬連などを買うから!」

そう言い訳をする人もいます。

しかし考えてみてください。

回収率が高い馬から馬連や馬単を買うことと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
回収率が低い馬から馬連や馬単を買うことと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
どっちがプラス収支までの道が短いでしょうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

また、上記の話をトータルすると
唯一、他のコンテンツがテイクアップアームズに勝てる部分も
実は圧倒していることがわかります。

勝ちたいと思う人には最大限の効果
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これは当社のコンセプトですが

当てたいだけの人でも圧倒的にマイナスが減る
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これがあるわけです。

先述したように、勝率でも回収率でも勝っているわけですから。

これは書かれなくない人や会社が多かったと思いますが
会員様はすでに気がついているので書いてしまいました。

『竹内はホームランを打って打点も多い
 でも、俺達はヒットが沢山打てる、打点では負けるけど
 打つ回数が多いほうが面白いでしょ?』

という人もいましたが、実際には今回書いた内容を元にすると

『竹内がヒットを打とうと思ったら
 他よりヒット数が多く打点も勝ててしまう』

これが数字で出ている現実ですね。

会員様の多くは、それを理解して評価いただいていますし
そんな会員様達は「当たり前」だと思っています。

しかし「当たり前」ではないのです。
なぜなら、そんな考え方ができる人が少ないからです。

その時点で馬券レベル・馬券思考が成熟している会員様が
高回収の武器を手にしているという状況なのですから
相当有利な立場になっており「当たり前」ではないのです。

それは会員様や、今外から見ていて結果を理解して
今後利用する方も含めてレベルが高い人なんです。

逆に言えば、上記を見て切り替われない人というのは
馬券に対して求めていることが、馬券の本質ともギャンブルの本質とも
違うところで戦っている人ということになってしまうわけです。

会員様に全員プレゼント中!まずはチェック!




ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

関連キーワード
馬券学の関連記事
  • 勝利と敗北の中間から挑戦してみる
  • 前走ダートから今走芝の狙い目と消し条件
  • WIN5も特別レースも両対応できるデータ
  • 必ず赤字になる仕入れと販売をすることからの脱却
  • 乗り戻りの成績は低めというデータ
  • 前走差し競馬のレースをチェックする
  • テン乗りと指数を組み合わせる
  • 競馬の指数順位を決めるのは当然数値だという話
無料メール講座をプレゼント中

これまでに、私が相談を受けた読者様の中から
多くの人も抱えているであろう悩み別の解決方法を
様々なファクターを利用して解決したやり取りを元にして
あなたの悩みを解決するためにメール講座を配信しております。
無料講座ですのでお気軽にご覧ください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!