【馬券を買う上で大切なこと】

馬券研究をし続けて、数多くの馬券法を考え
その情報を配信し、書籍化されたりという活動を
7年間という月日を手抜きせずに行ってきました。

簡単な後付け理論を作るのではなく
常に人が見ていないことを自分の力に変えて
それを配信してきたことから、私のブログやメルマガ
また書籍の読者様というのは競馬のコアなファンが多いです。

コアなファンにも色々いますが、ここで言うコアなファンとは
毎週馬券を買っていて、馬券がライフワークになっているような
競馬ファン/馬券ファンという存在を指しています。

そのような方々と触れ合う機会が増えて感じたことですが
毎週馬券を買っているのにも関わらず、1レース単位や
1日単位での結果を気にしすぎているのです。

年間で100%が見込める馬
年間で 80%しか見込めない馬

この2つが分かっていても、馬券を当てることばかりに
気が行ってしまい、後者の馬を買ってしまう人が多いのです。

また、ギャンブル中毒というのは当たった時に覚えた興奮を
再度求めてしまうということが症状の1つだと言われていますが
まさにこのような買い方をしている人は中毒になっています。

怖いことにギャンブル中毒になるとギャンブルで勝てないという
結果を生んでしまうということが現実なのです。

馬券を買うのであれば、中期や長期で利益を出すことを優先する
ということが最も大切ですし、逆に言えばこれができない人は
どんなに優れた馬券法を手にしても意味がありません。

take up armsで提供するコンテンツも例外ではありません。

意識が高い人や認識がしっかりしている人が手にすれば
それはマシンガンにも日本刀にもなる武器だったとしても、
上記したような人が手にすれば、ネギやダイコンを持っていることと
何ら変わりがないということが現実です。

全レース当てることは、全通り買いをすることでしか
達成できないですし、達成と同時に手にするのは大きな負けです。

馬券というのは「当たる」ことは後からついてくることで
それ以前に「儲ける」ことを見て行動しないといけないのです。

外れることは怖いことでしょうか?

負けることの方が怖くありませんか?

敢えて書きますが「嬉しい事に」これを人から言われて
気がつける人は5%ぐらいしかいません。

これは勝ち組と負け組で例えられる負け組のパーセンテージと同じです。

私はtake up armsを競馬ファンの万人に見てもらおうとは思っていません。

ただ、これに気がついた(気がついている)5%の人にだけは
永遠に見ていただきたいと思ってtake up armsを作りました。

戦う意志、勝つことを目的に、武器を取れ。

それが take up arms です。

会員様に全員プレゼント中!まずはチェック!




ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

関連キーワード
馬券学の関連記事
  • 勝利と敗北の中間から挑戦してみる
  • 前走ダートから今走芝の狙い目と消し条件
  • WIN5も特別レースも両対応できるデータ
  • 必ず赤字になる仕入れと販売をすることからの脱却
  • 乗り戻りの成績は低めというデータ
  • 前走差し競馬のレースをチェックする
  • テン乗りと指数を組み合わせる
  • 競馬の指数順位を決めるのは当然数値だという話
無料メール講座をプレゼント中

これまでに、私が相談を受けた読者様の中から
多くの人も抱えているであろう悩み別の解決方法を
様々なファクターを利用して解決したやり取りを元にして
あなたの悩みを解決するためにメール講座を配信しております。
無料講座ですのでお気軽にご覧ください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!