第65回阪神ジュベナイルフィリーズ

◎レッドリヴェール

強敵がいるレースですが、オッズも含めて考えて
レッドリヴェールを本命にします。

デビュー戦は少頭数ながらも阪神芝1600mで1着。
前走は不良馬場の1800mを勝ち重賞勝ち。
デビュー戦は上がり33.3秒、前走は上がり41.3秒で
それぞれ勝っているのですから能力は高いですし
条件に左右されない印象が強いです。

今回は戸崎騎手が騎乗となりますが、
テン乗りを苦にすることはなさそうですし
調教とコース、血統と調教のバランスも良い。

馬体が小さい馬なので、この馬が来年クラシックで
上位争いをしているイメージは浮かんできませんが
逆に言えばそれならここが勝負になってくるでしょう。

◯ハープスター

能力の高さは過去2戦を見ればわかりますし
現在の人気にもうなずけるところです。

阪神JFに出走する栗東馬は当該週坂路が遅いほうが
好走していますしそれでいて、レッドリヴェールと同じく
コースと調教、血統と調教の組み合わせも良い。

ただ、脚質を考えると今回も後方からの可能性は高く
初の右回りでG1ということを考えると取りこぼしの不安もあり
それを考えると1番人気で本命にしたい馬とは思えず。

この条件を跳ね返して勝つことができれば
来年も主役を張るとは思いますが、配当妙味を考えての2番手評価。

▲グランシェリー

ダートデビューながら2走目で中京2歳Sを制覇。
前走ファンタジーSこそ6着に敗れましたが
坂がある方が良いという印象もあり、阪神での競馬は楽しみ。

調教の動きも良く大駆けも十分。

△レーヴデトワール
×フォーエバーモア
×エクスペリエンス
×マイネグラティア

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

竹内愛用ツール 競馬道調教マスター

竹内が調教分析をするのに欠かせないツールが株式会社オーイズミ・アミュージオ様が提供している競馬道調教マスターです。
竹内の著書ミリオンダラー馬券術でも利用している競馬ブックレイティングなどをはじめとした様々なデータを提供している
競馬道オンラインデータの調教データを分析する、現在日本にある調教ツールの中で最高峰と言えるツールです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!