TUA記事

第6回カペラS

◎マルカバッケン

一長一短の馬が多い中で、マルカバッケンの安定感は
他の馬より1枚上という評価をしています。
中山ダ1200mでもレース内容は安定していますし
先行しても差しても自分の競馬にはなります。

今回は内田騎手のテン乗りになりますが
テン乗りでも問題なく競馬をしてきている馬なので
問題になるのは休み明けということぐらいでしょう。

戦ってきたレベルは高いですし、今走の相手関係が
苦になるような馬ではありません。

◯スイートジュエリー

目下3連勝のスイートジュエリーの重賞挑戦。
牝馬と思えない馬体はパワーも十分ですし
ブリンカーが効いているのか行きっぷりも良くなりました。

中山ダートは初挑戦となりますが、
芝でも結果が出ている馬だけに位置取りが後ろになる
ということは可能性として低そうですし
道中で無駄な脚を使わなければ4連勝で重賞制覇も。

▲スリーボストン

△ノーザンリバー
×スノードラゴン
×エスケープマジック
×ティアップワイルド

at a gallop.shop

竹内の原点にして拠点「at a gallop」のオンラインSHOP。
電子書籍やその他ダウンロードコンテンツを充実させるため
2018年11月29日にオープンいたしました。
ぜひ一度アクセスしてみてください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!