馬券学

阪神JFの予想はこうなっていましたが。
◎レッドリヴェール
◯ハープスター
▲グランシェリー
△レーヴデトワール
×フォーエバーモア
×エクスペリエンス
×マイネグラティア

なぜこの3頭を×にしたのか。

×フォーエバーモア
×エクスペリエンス
×マイネグラティア

3頭とも鹿戸厩舎の馬ですが、馬券に入れておきたい理由がありました。

阪神JFでの美浦当該週坂路53.9秒以下の馬は
該当数が少ないのに馬券率がとても高いということは
レッドラインラボの平日記事で書きました。

それだけでも抑えておきたいところだったのですが
この鹿戸厩舎には時計の特徴があるんですね。

ダートはどこを切り取っても悪いのですが
芝に関しては、53.9秒以下の回収率と勝率が高く
ここを狙うというのが一番簡単な狙い目だったりするのです。

傾向的にも厩舎的にも狙える状態の馬を3頭出してきていた
ということで、最低でも1頭ぐらい絡む可能性が高いのでは?
そういう競馬をするのではないか?というところから入れておきました。

個人的にはナイス調教!何か狙ってるな?
という印象があったのでということで狙いましたが
今後もこの傾向が急に変わることは無いでしょうから
覚えておいて損は無いと思います。

会員様に全員プレゼント中!まずはチェック!




ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

関連キーワード
馬券学の関連記事
  • 勝利と敗北の中間から挑戦してみる
  • 前走ダートから今走芝の狙い目と消し条件
  • WIN5も特別レースも両対応できるデータ
  • 必ず赤字になる仕入れと販売をすることからの脱却
  • 乗り戻りの成績は低めというデータ
  • 前走差し競馬のレースをチェックする
  • テン乗りと指数を組み合わせる
  • 競馬の指数順位を決めるのは当然数値だという話
無料メール講座をプレゼント中

これまでに、私が相談を受けた読者様の中から
多くの人も抱えているであろう悩み別の解決方法を
様々なファクターを利用して解決したやり取りを元にして
あなたの悩みを解決するためにメール講座を配信しております。
無料講座ですのでお気軽にご覧ください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!