第48回スプリンターズS

◎レッドオーヴァル

重馬場になると厳しいという印象はありますし
短距離でディープインパクト産駒、
G1では半信半疑の田辺騎乗、
そして3年連続で同一厩舎が勝てるのか?
など、色々な不安要素もありますが
本命にしたいのはレッドオーヴァル。

調教の具合が素晴らしく時計的にも
終い11.7秒、全体時計も速いですし
また映像で見ても気負わず気楽に走って
余力を残しての時計ですので惚れ惚れしました。

この馬の切れで足りるのか?と言われれば
そこは鞍上の腕も今回の仕上がりの良さを
100%出せるのかどうかになりますが
今年になり付けた力と短距離適性は本物だと思います。

レッドオーヴァルより当該週坂路が速い馬は
明日の出走馬の中にも沢山いるわけですが
最後に加速できている馬は少ないという点も
この馬の調子の良さがうかがえます。

◯ストレイトガール

メルマガなどでも書いていましたが
前走の函館スプリントは詰まって動けず
何もできない状態で直線を終えて11着と
敗因がはっきりしています。

スプリントでは非常に高い能力がありますし
マイルをこなせたヴィクトリアマイルを見ても
まだまだ底力を持っていると考えています。

馬場が渋っても対応できる馬ですし
巻き返しを大いに期待しています。

これで順調に一叩きされて挑んでいるなら
本命にしていたはずの馬です。

▲コパノリチャード

こちらもストレイトガールと同じで
ぶっつけ本番の形になっていることで
評価を下げましたが、渋った馬場OKで
左回りは高松宮記念を制しているだけに
楽しみな一頭だと思います。

ハクサンムーンがここ2戦逃げれず
悪い癖がついているのであれば
ハナを切れるかもしれませんし
番手でも問題ない馬です。

休み明けの形でぶっつけ本番でのG1は
中々勝てるものでもありませんが
自分のリズムで競馬ができれば春秋制覇も。

△ガルボ
×ローブティサージュ
×グランプリボス

一歩先ゆく競馬ファンの更に一歩先をゆく


ランキング参加中、応援よろしくお願いいたします。

at a gallop.shop

竹内の原点にして拠点「at a gallop」のオンラインSHOP。
電子書籍やその他ダウンロードコンテンツを充実させるため
2018年11月29日にオープンいたしました。
ぜひ一度アクセスしてみてください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!