TUA記事

第17回サウジアラビアロイヤルカップ富士S

◎ダノンシャーク

関屋記念で儲けさせてくれたクラレントと
よくぞ差さずにいてくれた2着ダノンシャーク。
https://t-u-a.net?p=759

さて、そんな対抗ダノンシャークを
本命ダノンシャークにするレースはこことしました。

先行競馬ができるようになったことで
自在性が増してきましたし、
ハイレベルな戦いを多く経験したことで
1年前の富士S勝ち以来の勝ちが無いとしても
その価値は非常に大きいと評価しています。

この馬の場合、先行しても差しても
速い上がりを出せるかどうかが鍵になりますが
その点、この馬の騎乗に関しては評価できる
福永騎手に乗り戻るという点は期待の1つ。

調教的にも仕上がりは良いと感じますし
今走のメンツであればある程度楽な先行競馬が
できるのではないかと思います。

気を抜いてしまう部分を上手く福永騎手が
カバーできれば上位争い。

○ステファノス

皐月賞5着、セントライト記念も見せ場のある4着と
3歳馬の中では十分に能力上位なステファノスですが
長めの距離よりマイル前後の方が合うことからも
こちらへの出走を決めてきたのだと思います。

3歳戦の不得意な条件で無理をするよりも
古馬が相手でもマイルで見直すというのは
良いことだと思いますし、久々のマイル戦で
追走に苦戦しすぎて何もできないというケースに
ならない限り好走する能力は持っているはずです。

▲エキストラエンド

ピリッとしてきたか?
そう思ったのがエキストラエンド。
昨年後半から本年前半は主役になれる力を見せていましたが
安田記念、関屋記念、オータムHと失速。

ただ、今回の当該週坂路が53.3秒
前日曜日に53.9秒と時計を出しており
特に当該週坂路最速時計の53.3秒というのは
デビュー二戦目の京都の52.2秒に次ぐ時計。

気持ちが乗ってきていると考えれば
人気を考えて妙味ある1頭だと思います。

△レッドアリオン
×クラリティシチー
×ミトラ

youtubeチャンネル

youtubeチャンネルを運営しております。
2019年はあの大荒れ日本ダービー他、G1を4連続的中。
秋はジャパンカップもズバリ宣言通りの的中。
海外競馬も大得意でメルボルンカップも的中と大好評をいただいているチャンネルです。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!