TUA記事

第66回朝日杯フューチュリティS

◎ケツァルテナンゴ

昨週の阪神JFの1番人気ロカは
「ハービンジャー産駒で重賞で1番人気なんて
競馬ファンがふざけているのだろうか?」と
思っていたのですが・・・

同じく重賞ではどうなんだ?という
チチカステナンゴ産駒のケツァルテナンゴを
本命にさせていただくことになりました。

前走のデイリー杯2歳は休み明けの上に
スムーズさに欠く競馬で惨敗していますが
阪神でのデビュー戦と中京2歳Sで見せた
素質を強さをもう見限るわけにはいきません。

現在13番人気の低評価ですし
初芝の馬より人気が無いということで
妙味はこの馬が一番ではないかと思います。

馬場状態も土曜時点で不良になっており
明日完全に回復することもないでしょう。
力がいる馬場、タフな競馬になることを考えると
この馬の本来の能力が出せれる可能性が出てきます。

○ブライトエンブレム

ぶっつけ朝日杯となりましたが、
札幌2歳Sでの競馬を評価しているので
対抗の評価をさせていただきました。

あまりに条件が違いすぎますが、
対応できてしまえば当然上位争いでしょう。
札幌2歳S組は次走での活躍も素晴らしかったですし
簡単なメンバーの簡単なレースではなかった
評価するべきレースだったと思います。

▲コスモナインボール

目下3連勝でたどり着いた今走。
阪神経験はありませんが、勝負強さと根性を武器にした
先行をするにはもってこいの枠となりました。
柴田大知+ビッグレッドファームですし、
勝つために前へ前への競馬をすることでしょう。
少なくとも相手の動き次第で上位争いをできますし
退屈な競馬にはしないでしょう。

△ダノンプラチナ
×クラリティスカイ
×ナヴィオン

at a gallop.shop

竹内の原点にして拠点「at a gallop」のオンラインSHOP。
電子書籍やその他ダウンロードコンテンツを充実させるため
2018年11月29日にオープンいたしました。
ぜひ一度アクセスしてみてください。

この記事が気に入ったら
Facebookページにいいね!してくだいね。

最新情報をお届けします

Twitterフォロー歓迎!